読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気になる情報と、お金を稼ぎ、儲けるためのメモ

人間というのは欲張りですね。欲があるから騙される。僕もつい簡単にアクセスが来るアフィリエイトの稼ぎ方があるからと誘われて、高額塾というものに入り大金を失った。失ったものはもう戻ってはこないし、悔しくて仕方がない。だからきちんとした方法でお金を稼ぎ増やし儲けて少しでも将来の暮らしに役立てたいと思い、数あるノウハウの中からこれはと思うものなどをメモしておくことにしました。

仮想コイン大暴落はふるい落とし

2017年5月26日未明から、仮想通貨の大暴落が始まりました。

いつかは必ず暴落が来ることは、誰しも予想していたのではないでしょうか。

 

これまで買えば上がる、売っても上がる、ほくほく顔をしていた一般の人々が、この度どんな顔になったのか。

朝起きてみてびっくり、「安くなったところは買いだ!!」といって、また買うという行動を起こした人も多かったのではないでしょうか。

 

かく言う筆者も同様の行動を取ったひとりでした。

その後しばらくすると、ちょっと回復したので「いつもと同じパターンだ』と思いながら、安心していると、夜半にかけて少しずつ下げていき、

 

ついに、ビットコインは、234,000円、イーサリアムは、16,700円、リップルは、28円台、ライトコインは2660円台となってしまい、市場に動揺が広がりました。

 

しかし、考えてみると5月の22日のレベルに戻っただけであり、上昇ラインは依然として上向きです。決して心配するほどの下げではないし、まだまだ「暴落」とは言えないようです。

 

仮想通貨の未来に展望をモテず、単に投機目的で仮想通貨を買ったり売ったりしているだけの人にとって見れば、この上げ下げの大きさはたしかに異常です。

 

 

キッカケは、どんな事情があったのかは定かにわかりませんが、ウィンクルボス兄弟の取引所 Gemini で3,000BTCという大量のウリがあったのが、それらしいのですが、何れにしても相場のことですから、何があるかわかりません。

 

 

ただ言えることは、この暴落を見て慌てて売ってしまった人は、下げたところですぐに買い戻しをして置かなければ、あとで臍を噛むことになるやもしれません。

 

 

それぐらい、仮想通貨には未来の展望が開けているということですし、まだまだ一般の人には馴染みのない今の段階で仕込みを入れておくのが、肝要と思っております。

 


スポンサーリンク  


ある意味、今回の暴落は、「仕手集団」(あるのかどうかもわかりませんが)による仕掛けかもしれません。

仕手集団が、仮想通貨を安く仕込むためによく使う「ふるい落とし」とも考えられます。

 

 

安くなったところは「シメシメ」としっかり仕込んでおくのが得策だと見ているのは筆者だけではないと思います。

 

 

OKI (沖電気)新興国向けにBITCOINのチャージ現金化が可能なATMを開発

日本ではBITCOINの一般流通が遅れているものの。、海外ではBITCOINを始め多くの仮想通貨(暗号通貨)が一般に流通しています。

 

特に東南アジアなど新興国においては、銀行送金の不便さ、コスト高を背景にして、送金の迅速性とコストの超低廉化が可能なBITCOINが人気になっています。

 

OKI沖電気は、ここに目をつけていち早くBITCOINに連動したATMを開発し、中国や新興国の需要に答えることとしているようです。

 

これは機能的にもタイミング的にも利用者の急増は間違いないと賞賛されることは必至と思われます。

 

OKI(6703)は年初1300円から1700円台に上昇してすでにATMの開発は織り込み済みに見えるが、BITCOINの利用は、ますます増大が見込まれ、減少することはないと思われることから、この程度の株価では、まだまだ織り込み済みとは言えないと思われます。

 

特に中国においては、元の偽札が3割も存在するなどと言われており、中国政府がいかに規制を強めようが、偽札の作成が不可能なBITCOINの需要は、増大することは避けられません。

 

筆者なら、OKI(6703)は買いだと見ています。

 

スポンサーリンク  

-------------------------------------

参照ニュース

OKI、新興国向けにビットコイン連動のATM

OKIは海外向けにビットコインとの連動が可能なATMを開発した。ビットコイン専用の電子財布「ウォレット」と連動して、現地通貨として引き出せるようになる。価格の変動が大きいビットコインを現金としていつでも引き出して利用することが可能になる。中国など新興国を中心にビットコインの市場が拡大しており、実際の決済への利用の増加に対応する。

 OKIは5月中に発売する海外向けの新型ATM「リサイクラーG8」のオプション機能に、開発したビットコインとの連動機能を初めて搭載する。ビットコインの市場価格にあわせて、現金で引き出せるほか、逆に、現金をビットコインにして「ウォレット」の残高を増やすこともできる。

 ビットコインの取引の多くを占めている中国向けのほか、主に新興国での利用を見込んでいる。各国で電子通貨の普及も進んでいることから、電子通貨へのチャージにも対応する。また、スマートフォンスマホ)に送られてきた請求書への決済ができる機能などもATMに追加できるようにした。各国の電子通貨の普及状況や銀行のサービスなどに合わせて、機能を追加できるようにする。ビットコインについて国内金融機関からの需要はまだ多くないとして、国内展開は未定だ。

 新興国では治安の懸念のある国も多いことから、セキュリティー機能も拡大する。ATMが破壊された際に、紙幣に特殊なインクをかけて流通できなくすることができる。サイバー攻撃などが頻発していることから、カード情報を盗むコンピューターウイルスへの対応力も高め、新種のウイルスに素早く対応できるようにした。

 

イーサリアムクラシックETC暴騰中

ここ数日、仮想通貨が瀑アゲ中です。

仮想通貨を購入するだけでこんなに儲かるものなのか?

と、全く驚きの状況です。

 

リップルが瞬間50円をつけてから、一旦暴落し、そこから徐々に上げ足を早めているものの、40円~44円までが今のところ限界らしく、40円台で推移しています。

 

一方、ビットコインも、4月安値から3倍近く跳ね上げてきており、イーサリアムETHも4月安値から5倍近い値上がりです。

 

さらにイーサリアムクラシックは、なんと6.5倍に瀑上げです。

流石にリップルの10倍近い瀑上げにはかなわないものの、すごい値上がりとなっています。

 

イーサリアムが中央集権型なのに対して、クラシックは、非中央集権型であり、そこが評価され始めたのかもしれませんね。

 

今週リップルを除く多くの通貨が過去の高値を更新しています。

やっぱり仮想通貨元年、バブル元年、

この仮想通貨に対する人気が衰えない限り、価格上昇は続くものと見られています。

 

その意味で、筆者が保有する仮想通貨は、おかげさまですべて満足した値上がりです。

 

1~2年は様子を見ながら値上がりを楽しもうと考えています。

 

 

中国ビットコイン取引所で指紋認証・世界に拡大

共同通信PRワイヤーによりますと、中国ではビットコインの取引所が、セキュリティの強化のため、指紋認証による取引サービスを開始する模様です。

 

これにより、世界中のビットコインを始めとする仮想通貨取引所においては、指紋認証が急速に普及することとなりそうです。

f:id:titeki:20170522214105j:plain

 



指紋認証とは生体認証の一つで自分の指紋を予め登録しておくことによって、ログインや決済時における本人確認を確実に認証するためのシステムで、すでに日本においてもJTBのtouch&payをはじめ多くの企業で入退室管理などに活用されています。

 

仮想通貨の取引が活発になるにつれ、Bitcoin取引所などがサイバー攻撃に晒され、トラブルとなる事件も発生しているところから、セキュリティの強化措置は、取引所にとって喫緊の課題でした。

 

日本の企業テクノグローバル(本社:東京都中央区)は、超指智能科技発展(上海)有限公司)と共同で、中国のビットコイン取引所向けに指紋認証サービスを提供するといいます。

 

中国ではBITCOINの実用化が進み、同時に投資家の激増によって、仮想通貨取引所の取扱数が激増しています。

 

そのため、取引所は、ブロックチェーンと指紋認証システムを融合した本格的なサービスを早急に求めているのです。

 

テクノグローバルと「超指智能」は、こうした取引所の要請に対応するため指紋認証を導入するサービスシステムを提供し、今年夏の稼働開始を目指しているとのことです。



仮想通貨取引所に指紋認証サービスが稼働することになると、おそらく日本を始め世界中の取引所において、採用されることになると思われます。

 

仮想通貨による取引が更に安全に素早く完了することで、ますます、仮想通貨に対する評価は高まり、BITCOINをはじめ仮想通貨全般の価格上昇につながると考えられます。



リンク

参考記事:中国ビットコイン取引所での生体認証提供のお知らせ

http://www.asahi.com/and_M/information/pressrelease/Ckprw201705221971.html

 

 

リップル下げ傾向か

リップルは昨日19日1XRP25円以下まで暴落しました。
その後36円近辺まで戻し現在35円~36円で推移いしています。

 

5月の上昇過程で、24円~25円に最も厚い買いが入っており、リップルが下げてきたとしても、24~25円付近で反発、サポートが有ると見ることができます。

 

あくまでチャート上の話で、リップル社が自社保有のXRPを使って一定の価格操作をする可能性も否定出来ないので、なんとも言えない。

 

ただ、XRPがこのままドンドン上昇し続けることが、果たしてXRPを利用して銀行間決済やその他のメリットを共有する銀行連合がどのように受け止めるのかが気になります。

 

f:id:titeki:20170520110015j:plain


スポンサーリンク  


 

 

リップルは買い時それとも売り時

リップルの動きは5月に入ってゴールデンウイーク以降瀑上げをしました。6円から50円と8倍も上げたことになります。

f:id:titeki:20170520093711j:plain


スポンサーリンク  


そろそろ落ちるのは当たり前だと思っていても、なかなか落ちずに上昇を続けるので、利食いの時期を見失ってしまいます。

 

ここ19日20日となって、上昇に陰りが出ており、果たして頭打ちなのか、それとも単なる「一服」なのか?

 

リップルの人気は続き、少し売られて安くなったところは、すかさず買いが入ってくるということを繰り返しているので、今回もそうであろうと、タカをくくっていると酷い目に遭うかもしれない。

 

かと言って、ここですべて利食いし利益を確保しておいたほうが良いのかどうか迷うところです。

 

リップルはその性質上、下がりだしたらどこまで下がるかわからない。でも、ここまで人気がついてきてい待った以上、下げたら必ず買いが入ってきそうだ。

 

今売っておいて安くなったら買いという場合、実はリップルのスプレッドが大きすぎて10%もあるため、仮に30円で買ったとしても33円以上で売らなければ利益が出ない仕組みになっています。

 

相場が落ち着いてしまった場合、3円の幅はかなり時間がかかりそうだし、買いを躊躇してしまいそうだ。

 

そこで、筆者としては、ここから下げに転じたと見たところで3分の1を売りに出し、様子を見る。十分下がったところで、売った分量だけまた買うという方針に決めました。

 

果たしてどうなることか。

 スポンサーリンク  

仮想通貨バブルに乗るのは今しかない

仮想通貨と聞くといかにも怪しい雰囲気がする。それが普通の日本人の感覚です。

なぜか?

 

世の中に詐欺がはびこっているからです。

特に儲け話は、殆どが詐欺同然でした。

f:id:titeki:20170508223849j:plain

 

写真を投稿

写真を投稿
フォトライフにアップロードされます。
今月のファイル利用量 0%
 
 

f:id:titeki:20170508223849j:plain

 
 
 
 
 
 
 
 

「仮想通貨」は別名「暗号通貨」ともいいます。

これの良いところは、世界中の人々との間で、インターネットさえ通じていれば、この「仮想通貨」を使って、取引できるというところです。

 

普通、世界の国々は、自分の国だけで流通する通貨を使って、モノやサービスを買ったり売ったりしています。したがって、外国の人との間でものの売買やサービスの遣り取りをするときには、わざわざ相手国の通貨に両替する必要があり、両国の通貨の価値の違いにより「為替」によって交換レートが様々で、そこには決して安くない手数料がかかります。

 

しかし、「仮想通貨」なら、なんお手続きも為替もなく手数料もなく瞬時に外国間でものを売買したりサービスをやり取りしたりできます。

 

現在ちょっとしたお金を外国に送るにしても、5000円も送金手数料がとられたり、外国から送金して貰う場合でも、日本の銀行で着金手数料が取られる場合もあります。

 

それらの手続きや手数料がなくなるだけでも、流通と金融の大革命ではありませんか。

 

これらのことを述べていると、いくらページが有っても足りないので、別途お話しますが、ようするにすごい時代がやってきているということだけ認識しておくことが必要です。

 


スポンサーリンク  


「携帯電話」が普及する前は、機能的にも無線機やハムの通話とあまり変わらず、不便さを感じたり、あるいは、携帯電話を持たされることによって「自分の居場所がバレる」とか「監視される」とかと言って随分警戒したものですが、今では誰もそんなことはいいません。すっかり国民生活に定着し、車がない生活と同じように携帯電話のない生活には耐えられなくなっているのです。

 

 

この携帯電話が普及する前の段階で、携帯電話を利用したビジネスシステムを構築した人は、今ではすごい資産家になっており、権利収入だけで毎月何十億円も入ってくるのです。

 

 

もし今、仮想通貨を使ったビジネスモデルを構築して、世の中に広めることができれば、近い将来莫大な利益を得ることができることは、明らかです。

 

 

今「仮想通貨」で最も有名で普及しているのは、ビットコインです。

ビットコインは、1BTCが23万円を超えてきました。

開発当初、0.01円程度のなったときにもし保有できた人は、1000円出して10万BTCを買っていた人は、今はなんと230億円の資産家になっているのです。

 

 

このところリップルという仮想通貨がものすごい値上がりで話題になっていますが、2017年3月のはじめには、1円以下だったものが、今では40円を超えています。

「仮想通貨バブル」に早めに気がついて、買った人は僅か3ヶ月で資産を40倍以上にすることができたのです。

 

 

その他の通貨も、上昇率の違いはあっても、総じて大きく値上がりしています。

「仮想通貨」はインターネット上のお金ですから実態がありません。

実態のないものに、価値がついてドンドン値上がりしているというのですから、仕組みをよく知らない国民にとっては、「怪しい」という先入観が消えません。

 

正に実態のないバブルです。

バブルのように泡となって消えるのでしょうか?

いえいえ、実は、世界の通貨の流通量6000兆円の内2000兆円は仮想通貨で占められることになると試算されているくらいすごいブームが起きるのです。

 

 

仮想通貨を開発して新たなビジネスを普及させようと、世界中の野心家が新事業をうたって新しい「仮想通貨」を購入することを、盛んに煽っていますが、真贋を見極めないと詐欺に引っかかります。

 

 

この「仮想通貨ブーム」に乗る方法は、大きく分けて2つあります。

一つは、主要な「仮想通貨」で今すでに十分な流通量「時価総額」がある、BTC,ETH、ETC、XRP、LTCなどを購入して、値上がりを待つ方法です。

2つは、公的な人、大手銀行や大企業、大事業家がメンバーに加わった「仮想通貨」を活用した必ず認められ流通普及が確実であると認められる新規事業への参入。

 

筆者は、この両方に投資(投機)し、密かに資産の増加を楽しんでいます。

 

スポンサーリンク