読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気になる情報と、お金を稼ぎ、儲けるためのメモ

人間というのは欲張りですね。欲があるから騙される。僕もつい簡単にアクセスが来るアフィリエイトの稼ぎ方があるからと誘われて、高額塾というものに入り大金を失った。失ったものはもう戻ってはこないし、悔しくて仕方がない。だからきちんとした方法でお金を稼ぎ増やし儲けて少しでも将来の暮らしに役立てたいと思い、数あるノウハウの中からこれはと思うものなどをメモしておくことにしました。

仮想通貨リップルXRP暴騰中

GW真っ最中の5月5日、リップルが前回高値をあっさり超えて9円台10円台あれよあれよと見ている間に11円台に突入。

 

これには驚きましたね。

前回安値から見て4倍近くに跳ね上がりました。

しかも、前回安値は4月20日。まだ15日半月ほどしか経過していません。

 

これって正に異常な動き言えます。

しかし、このリップル、価格が安いので買いやすい、銀行などが後押しする銘柄なので一定の信頼もある。

そこで、このGW、品薄のところへ大量の買いが入ったらしい。

 

前回も3月はじめの安値から4月2日には8円台があって6円台まで跳ね上がりました。

3月はじめの安値0.61円からすると、実に10倍の値上がりになりました。

 

その後急落して4月19日には3.23円となってしまいましたが、意外と値が固く2円台にも触れr事なく、3円台を維持し、今回の暴騰につながりました。

 

今回は、現在11円台をキープしていますが、このままバブルが続いて上昇を見込むとするなら、倍返しだと13.23円。もし、安値からの値上がり率の10倍を根拠にするなら、なんと32円30銭となります。

 

しかし、全くありえないわけではありません。

今年は仮想通貨バブル元年です。

ありとあらゆる仮想通貨が暴騰しだしました。

 

仮想通貨の基軸通貨とされるBITCOINNは、18万円台を突破。このままだと22万円台に値上がりするのではないかと市場ではささやかれています。

 

また、時価総額が2番めランキング2番のイーサリアムETHは、間もなく11,000円を突破する勢いです。

 

さらに、ライトコインLTCも、暴騰。今や3,000円を超えて更に上昇しようとの勢いがあります。

 

このように総じて仮想通貨全般は正にバブルです。

このバブルがいつまで続くのか?

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin 

様々な仮想通貨がでまわり、一体何がどんな目的で公開されたのかが、不透明な、正に詐欺的な仮想通貨を含めると何千もの通貨が公開されています。

 

その中で、ビットコインを始めとする主要な通貨だけが生き残っていくのでしょう。

現在玉石混交の仮想通貨が、悪いものが駆逐され淘汰されるまでバブルが続くとしたらおそらく1~2年ではないだろうか/

 

筆者としては、すでにビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコインに投資しているが、何れも暴騰しています。

 

果たしていつまで続くのか心配はありますが、バブルへの期待もあります。

もし、うまく波にのることができれば、大きく稼ぐことができるからです。

 

もし、仮想通貨バブルに乗ってみようと思われる方は、取引所においてビットコインを買っておくと良いと思います。

 

ビットコインなら、バブルが騒がれる間安定的な上昇を続けるだろうと思います。

中国などは、自国の「人民元」が脅かされ、政府の統制が効かなくなることを恐れ、様々な規制を行いましたが、そのたびに、ビットコインは値下がりを余儀なくされたものの、今は、それを乗り越え最高値で動いています。

 

筆者は、仮想通貨で利益を出すなら、早いほうが断然有利だと思います。

かなり、値上がりしているとは言え、バブルがさらに続くことを思えば、今がチャンスではないでしょうか?

 

仮想通貨取引所は、日本では政府の認可なしには活動できません。

幾つか、取引所はありますが筆者が推薦するのは、「COINCHECK」(コインチェック)です。

 

日本円をコインチェックに送って、早速仮想通貨を購入してください。

値上がりを楽しみましょう。

 

インチェックの手続きには、厳重な本人確認がありますが、特に難しいものではありません。

すべての処理がネットを通じて行われるので、詐欺など不正行為を防ぐため、厳重になっているようで、返って安全性が増します。

 

ここに記述した内容は、すべて筆者が実際に取引した、経験した内容に基づくものですが、勧誘を含めすべて個人的見解です。もし、仮想通貨を購入して何か不都合や不利益が生じたとしても、責任を追うことができませんので、ご承知ください。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin 

 

仮想通貨リップルXRP暴騰中

GW真っ最中の5月5日、リップルが前回高値をあっさり超えて9円台10円台あれよあれよと見ている間に11円台に突入。

 

これには驚きましたね。

前回安値から見て4倍近くに跳ね上がりました。

しかも、前回安値は4月20日。まだ15日半月ほどしか経過していません。

 

これって正に異常な動き言えます。

しかし、このリップル、価格が安いので買いやすい、銀行などが後押しする銘柄なので一定の信頼もある。

そこで、このGW、品薄のところへ大量の買いが入ったらしい。

 

前回も3月はじめの安値から4月2日には8円台があって6円台まで跳ね上がりました。

3月はじめの安値0.61円からすると、実に10倍の値上がりになりました。

 

その後急落して4月19日には3.23円となってしまいましたが、意外と値が固く2円台にも触れr事なく、3円台を維持し、今回の暴騰につながりました。

 

今回は、現在11円台をキープしていますが、このままバブルが続いて上昇を見込むとするなら、倍返しだと13.23円。もし、安値からの値上がり率の10倍を根拠にするなら、なんと32円30銭となります。

 

しかし、全くありえないわけではありません。

今年は仮想通貨バブル元年です。

ありとあらゆる仮想通貨が暴騰しだしました。

 

仮想通貨の基軸通貨とされるBITCOINNは、18万円台を突破。このままだと22万円台に値上がりするのではないかと市場ではささやかれています。

 

また、時価総額が2番めランキング2番のイーサリアムETHは、間もなく11,000円を突破する勢いです。

 

さらに、ライトコインLTCも、暴騰。今や3,000円を超えて更に上昇しようとの勢いがあります。

 

このように総じて仮想通貨全般は正にバブルです。

このバブルがいつまで続くのか?

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin 

様々な仮想通貨がでまわり、一体何がどんな目的で公開されたのかが、不透明な、正に詐欺的な仮想通貨を含めると何千もの通貨が公開されています。

 

その中で、ビットコインを始めとする主要な通貨だけが生き残っていくのでしょう。

現在玉石混交の仮想通貨が、悪いものが駆逐され淘汰されるまでバブルが続くとしたらおそらく1~2年ではないだろうか/

 

筆者としては、すでにビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコインに投資しているが、何れも暴騰しています。

 

果たしていつまで続くのか心配はありますが、バブルへの期待もあります。

もし、うまく波にのることができれば、大きく稼ぐことができるからです。

 

もし、仮想通貨バブルに乗ってみようと思われる方は、取引所においてビットコインを買っておくと良いと思います。

 

ビットコインなら、バブルが騒がれる間安定的な上昇を続けるだろうと思います。

中国などは、自国の「人民元」が脅かされ、政府の統制が効かなくなることを恐れ、様々な規制を行いましたが、そのたびに、ビットコインは値下がりを余儀なくされたものの、今は、それを乗り越え最高値で動いています。

 

筆者は、仮想通貨で利益を出すなら、早いほうが断然有利だと思います。

かなり、値上がりしているとは言え、バブルがさらに続くことを思えば、今がチャンスではないでしょうか?

 

仮想通貨取引所は、日本では政府の認可なしには活動できません。

幾つか、取引所はありますが筆者が推薦するのは、「COINCHECK」(コインチェック)です。

 

日本円をコインチェックに送って、早速仮想通貨を購入してください。

値上がりを楽しみましょう。

 

インチェックの手続きには、厳重な本人確認がありますが、特に難しいものではありません。

すべての処理がネットを通じて行われるので、詐欺など不正行為を防ぐため、厳重になっているようで、返って安全性が増します。

 

ここに記述した内容は、すべて筆者が実際に取引した、経験した内容に基づくものですが、勧誘を含めすべて個人的見解です。もし、仮想通貨を購入して何か不都合や不利益が生じたとしても、責任を追うことができませんので、ご承知ください。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin 

 

ビットコイン上昇中

ビットコイン上昇の流れ続く

 

f:id:titeki:20170409002736j:plain

 

ビットコインのチャートは、基本的に安定感のある動きをシていると見られます。

2017年1月5日年明け早々に、2017年は仮想通貨元年として仮想通貨の評価が大きくかわり、銀行、企業などが続々参入してくると見られたため、153,000円と大きく値上がりしました。

 

急激に上昇すると急落するのは当たり前、1月12日僅か1週間で81500円まで値幅にして71,500円、率にして約47%も急落しました。

 

その後、人気が回復し、少しずつ上昇、2月8日には123,000円まで回復。

翌日の2月9日、すぐに98,000円まで下落するも、すぐに値を戻してきました。

 

そのまま3月に入って、桃の節句、3月3日にお祝いとばかりに150,000円をつけて、下落を開始、再び3月10日に150,000円をつけたものの、急落。

 

しかし、ここでも3月25日、98,000円で反発。

それ以来現在の4月8日まで、順調な右肩上がりで上昇中です。

 

ここで、150,000円前後には、かなり強いレジスタンスがあり、98,000円付近には強いサポートがありそうなことがわかります。

 

そこで、今後の戦略としては、この右肩上がりには、黙ってついていく。

そして、150,000円付近で売るのもよし、また、少し我慢して150,000円を突破するのを待つのも良しでしょう。

 

仮に、150,000円を超えて上昇するようだと、220,000円付近が目標となりそうです。

また、下落しても、98,000円付近にサポートがあるので、100,000円付近で、買い増しするのも一つの考え方ではないかと思います。

 

もちろん相場のことですから、どうなるかは相場に聞かなければわかりませんが、筆者としては、以上のようなスタンスで臨む考えでおります。

------------------------------------------------

FX両建て必殺技


スポンサーリンク  

仮想通貨ビットコインの時代がやってきました

仮想通貨元年


NHKニュースによれば、大手家電量販店のビックカメラが、ビットコインという「仮想通貨」を導入し、7日から実際に店頭で取り扱うこととなったようです。

 

これは、日本の大手家電業者が仮想通貨の取扱に踏み切ったということで、話題性は十分あり、ビットコインを始めとする仮想通貨の評価に、大きなインパクトを与えるものとなると期待しています。

 

これはある種の革命ですね。いわゆる産業革命的な取引、送金方法になるので、今年からはBITCOINを始め多くの仮想通貨が、台頭してくるのではないでしょうか?

仮想通貨は、お金を送るのにほとんど手数料がかかりませんので、海外送金などはものすごく便利になります。

これからの時代を生きるのはビットコインを持っていたほうが良さそうだとの心理が一般消費者に高まってくることになれば、仮想通貨を求める機運が高まり、仮想通貨の価格の上昇が期待できそうです。

 

ここは、思い切ってBITCOINを買っておくことで、値上がりを期待できる資産保有ができると思います。

 

なお、BITCOINを購入するならここです。

日本で一番簡単に仮想通貨を売買できる取引所はここ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin


 

ビックカメラ ビットコイン導入を発表
4月5日 10時58分
インターネット上の仮想通貨、ビットコインの利用が国内でも増える中、大手家電量販店のビックカメラは、7日から東京都内の一部の店舗で支払いの手段として導入することを正式に発表しました。
発表によりますと、ビックカメラは東京・千代田区と新宿区の合わせて2店舗で7日からビットコインを支払いの手段として導入し、1回の会計で最大10万円分まで使うことができるということです。

大手の小売業でビットコインの導入は珍しいということですが、この会社は、普及が進んでいる海外からの旅行者の利用に加え、今後は国内の利用者も増えると見込んでいて全国の店舗への拡大も検討していくということです。

ビットコインは、インターネット上でやり取りされる仮想通貨の1つでスマートフォンで送金ができ手数料が安いことが特徴で、国内でも導入する飲食店などが増えています。

仮想通貨をめぐっては、3年前に取り引きの仲介業者が経営破綻したのをきっかけに4月から仮想通貨と実際の通貨を交換する業者が登録制となるなど規制が強化されました。利用者保護の取り組みも進む中、小売店の間で導入が広がっていくのか注目されます。

 

「キーワード無双(改)」を無料で手に入れて、すぐに稼げるブロガー(アフィリエーター)になろう

「キーワード無双(改)」は無料

アフィリエーターの皆さん、そしてブロガーの皆さん、サイトやブログで稼ぎたいと思っておられる皆さん、お金をかけないで稼ぎたいと思っておられる皆さん、初心者でもわかりやすく稼ぐ方法を教えてくれる教材がないかな~と思っておられる皆さん。

朗報です。「キーワード無双(改)」という素晴らしい教材が無料で手に入ります。しかも、メールでも詳しく教えてくれるという親切な内山智明さんの監修になる教材です。

この手法は経費は1円もかかりません。すべて無料ブログだけで完結します。

何一つリスクのない手法ですのでまずはご覧になっていただければと思います。

 

f:id:titeki:20170405001534j:plain

 

必要のない作業と必要のない努力はやめよう。

 

 

あなたは、無駄に長い文章を書いてはいませんか、必要のない努力、必要のない作業をやっていては、5日は息切れしてしまうのではありませんか?

あなたのやっている努力は、稼ぐために必要な情報が盛り込まれていないただ、文字数を増やせべ酔いというみたいな、ある意味無駄な努力かもしれません。

どうせなら、同じ努力で、もっと成果に結びつく方法を学んでみてはいかがでしょうか。

 

「キーワード無双(改)」とは

 

実は、筆者は、昔、たしか同じ名前の教材を読んだ記憶があるのですが、その時は、自分の力量が小さかったせいもあるかもしれませんが、それほど素晴らしいと感じませんでしたが、この度のこの教材は、なんとわかりやすい、「努力しても成果のでない疲れきった」アフィリエーターに、オッ!これだ!!と思わせる、内容なんですね。

 

この教材は内容が豊富というわけではないのです。

 

僅か40ページとか30ページとかの教材で、一気にしかも何度でも読めてしまう不思議な力を持った教材なのです。

その言葉一つ一つ内容の一つ一つが非常に簡潔にわかりやすく構成され、超初心者でもすぐに実践できるようになっているからなのです。

少なくても、物販アフィリエイトをして見たいと、あなたが思っていらっしゃるなら、これほど実践しやすい教材はないのではないでしょうか?

 

アクセスの重要性

 

ふつう、アフィリエイトをしようと志を立てて、取り組んでみても、日記のようなブログを書いたり、自分の趣味を文章にしたりして、そのブログにアドセンスを貼ったり、適当に楽天やアマゾンの商品リンクを貼ったりしているのはありませんか?

 

それで、成果は出ていますでしょうか?

もし、あなたのブログが、検索ページの1ページめに入っているなら、それはもう言うことはありません。ぜひその順位を維持してほしいと思います。

 

でも、なかなか1ページめにランクインすることは難しいでしょうね。

2ページ目以降にランクされる記事のサイトやブログは、アクセスはほとんど集まりません。

アクセスが集まらないと、お客様のこない場所でお店を開くようなもので、決して稼ぐことはできないのです。

ここで大事なことは、アクセスさえ集めることができれば、稼げるということです。もう一つは、そこそこのアクセスでも、アクセスしてきた人たちが、その記事に特化した商品に対し、購買意欲がとても強い人たちばかりなら、稼ぐことができますよね。

 

この2つのハードルさえ乗り越えることができれば、稼ぎは自ずから増えてきますよね。

 

 

再び「キーワード無双(改)」

 

ここで紹介する「キーワード無双(改)」という教材は、この2つのハードルを、キーワードを選定する方法を簡単に解き明かすことによって、希望を与えてくれるものになっています。

 

ぜひ、メール登録をして、無料で手に入れて読んで下さいね。

 

無料で手に入れたものは、ダウンロードしただけで後は読まない、そして実践しないという人が、あまりにも多いのです。それでは、絶対に稼ぐことはできませんので、必ず読んで実践してくださいね。

この無料教材はここから手に入ります。

↓↓↓↓↓↓↓

有料級のノウハウと実践動画マニュアルを無料で完全公開します。

スポンサーリンク  

 

リップルコイン(XRP)の今後と将来性

リップルコイン(XRP)の今後と将来性

 

リップルコイン(XRP)の今後の相場は上昇傾向、そして、将来性は安定成長が続くと見ています。


2017年3月、三菱東京UFJ銀行がGPSG(リップルの国際送金サービスで各国のメガバンクが参入)に参加とのニュースがきっかけとなって、XRPが今までの緩やかな動きを破って暴騰しました。

 

なぜ、今になって暴騰したのか

 

過去に幾度となく、XRPが上昇するキッカケはあったはずです。

例えば、昨年SBI系のニュースとして、「海外のメガバンクの国際送金への採用決定」と言うのもありましたし、アメリカでは、ニューヨーク州の金融サービス監督局(NYDFS)からビットライセンス許可を得たというニュースもありました。


また、国内の42の銀行がリップルを使うというのもありました。


しかし、リップルコインの相場は、特別な反応を示さず、0.6円~0.8円の付近で緩やかな動きをしていただけでした。


リップルというのは仮想通貨間の取引の円滑化とセキュリティを確保するための、銀行間取引のプログラムであるという認識なので、銀行間の取引としては相場に左右される必要は無かったはずなのです。

 

ですから、その媒体となるリップルコイン(XRP)の価格は、相場と連動する必要はない、すなわち、0.8円程度のままで良いという暗黙の認識があったのではないかと思われます。(筆者の勝手な解釈ですが・・・)

 


しかし、日本でも仮想通貨法「資金決済に関する法律の改正」が施行され、2017年4月1日に施行される状況になって、仮想通貨の取引所が国の認可を受けることとなったことから、取引所の取扱仮想通貨にリップルコイン(XRP)が登録されることが明確になったため、ビットコインやイーサリアムと同様に、その存在が急浮上してきたのではないでしょうか?

 

48ホールディングスとクローバーコイン

 

もう一つの動きとしては、48ホールディングスの中田義弘氏がクローバーコインという新しい仮想通貨を開設し、MLM組織を拡大して、その報酬にリップルコイン(XRP)を提供するとキャンペーンを行ったことも、要因の一つかもしれません。


もちろん、クローバーコインなどは、リップルの取扱流通量と比較するような規模ではないのですが、世界の金余り現象と、投機マネーがじゃぶじゃぶしている状況の中では、めぼしい投資先を探して虎視眈々と仮想通貨相場に参入しようと構えている投機資金筋も少なからず存在したのでしょう、そのような情勢のなかでは、中田氏の動きは、彼らの触肢を動かすだけのものはあったのかもしれないと思うのです。(穿った見方とは思いますが)

 

 

XRPの今後の動きと将来性

 

XRPは、4月2日には8円近くまで暴騰しました。0.8円で長い間低迷していた?ときに比較しますと、約10倍になりました。

 

f:id:titeki:20170404223714j:plain

 

 

f:id:titeki:20170401000221j:plain


しかし、この価格帯になると、2014年に6円超えまで暴騰し、その後一気に0.6円付近まで暴落したこともあり、当時6円超えで購入した保有者が一斉に売ってくることは、予め予想されていました。


そこで、4月3日には3円付近まで暴落、さらなる上昇を期待して6円超えで購入した投資家たちを失望させています。


でも、筆者としては、前述しましたように、当時とは仮想通貨に対する認知度が全然違いますし、国が法律によって、通貨と認めないまでも取引価値を認めたこともあって、仮想通貨の将来性の大きさから見で、長期的に上昇することは間違いないと見ています。


ここ数日のチャートを見ても、3円以下は、おそらく強い買いが入ってくるのではないでしょうか。


筆者も2円台なら即買いと考えています。

 

 

XRP購入のおすすめの場所

 

、もし、リップルコイン(XRP)を購入したい と思われるなら、取引所はCOINCHECKをおすすめしておきます。


仮想通貨の取扱量が多いビットフライヤーは、リップルコイン(XRP)を取り扱っていませんので、注意してください。

 

日本で一番簡単に仮想通貨を売買できる取引所はここ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin


スポンサーリンク  


FX両建て必殺技2.jpg


「仮想通貨」が法律で認定された意義

仮想通貨法とは何か?

一般的に仮想通貨と言われているものは、BITCOINとかイーサリアムとかリップルとか言われるものがありますが、これまでこれらは「暗号通貨」と言われてみたり仮想通貨と言われていたりしました。

 

平成29年2017年4月1日、「資金決済に関する法律」が施行され、「仮想通貨」という言葉が法律に盛り込まれました。

 

これによってビットコインなどの仮想通貨も、資金決済の手段として使用されることが、国によって認められたことになります。

 

しかし、通貨として求められたわけではなく、あくまで交換の手段としてもyいいられる資産という考え方にとどまっています。

 

したがって資産の交換は、物の売買として捉えられ、消費税などの税金もかかることになりますが、2017年7月1日以降は消費税がかからないこととされました。

 

さらに、「仮想通貨の定義」も明確にされ、代価の弁済の際に電子情報処理組織を用いて移転することができるものとされました。

 

仮想通貨は、現状は資金決済の手段として用いられるものの、あくまで資産として計上されるもので、「現金」には含まれないことになります。

 

このように国によってビットコインなどの仮想通貨が、明確に交換手段に用いられることが定められたことで、仮想通貨交換所を通じての仮想通貨同士の交換、仮想通貨と現金との交換が簡単にできるようになることで、「仮想通貨」に対する、ある種の不安が減り、流通が増えるに連れてその価値は、次第に高まっていくことは必至となるであろうと思います。


スポンサーリンク  


FX両建て必殺技2.jpg