気になる情報と、お金を稼ぎ、儲けるためのメモ

人間というのは欲張りですね。欲があるから騙される。僕もつい簡単にアクセスが来るアフィリエイトの稼ぎ方があるからと誘われて、高額塾というものに入り大金を失った。失ったものはもう戻ってはこないし、悔しくて仕方がない。だからきちんとした方法でお金を稼ぎ増やし儲けて少しでも将来の暮らしに役立てたいと思い、数あるノウハウの中からこれはと思うものなどをメモしておくことにしました。

配偶者控除増額で働きすぎると社会保険料等が大きな負担

f:id:titeki:20170330211156j:plain

配偶者控除150万円の損得

 

2018年度から配偶者控除の年収要件が150万円までに改正されたが、現在103万円以下のパートで働いている主婦などにとっては、考えどころとなっている。

 

それは、配偶者控除の改正により、働き方如何では、家計全体にとっては得になったり村になったりするからだ。

 

厚生年金や健康保険の保険料徴収制度は現行のままであるため、配偶者の扶養関係が切れてしまう可能性がある。

 

パート103万円の壁

配偶者(パート主婦等)の年収が100万円を超えると住民税がかかり、103万円を超えてくると、配偶者自身に所得税がかかってくる可能性があるし、会社によっては夫に扶養手当を出さなくなる可能性もある。

 

パート106万円の壁

 

年収が106万円を超えてくると、501人以上の大きな事業所では、パートの主婦らにも基本的には(例外もある)社会保険料(厚生年金保険+健康保険)がかかってくることになります。

ただ、この場合でも年収150万円を超えなければ夫の配偶者控除は受けられることになります。


パート130万円の壁

パート主婦等の年収が130万円を超えてくると、新たに国民健康保険料の支払いと、国民年金保険料の支払いが生じてくる。この条件では、社会保険料に数十万単位でお金がかかることになり、これ以上働くかどうかの大きな壁は残ったままになる。

 

参考サイト

 

trend-news-today.com

sharescafe.net

money-lifehack.com