読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気になる情報と、お金を稼ぎ、儲けるためのメモ

人間というのは欲張りですね。欲があるから騙される。僕もつい簡単にアクセスが来るアフィリエイトの稼ぎ方があるからと誘われて、高額塾というものに入り大金を失った。失ったものはもう戻ってはこないし、悔しくて仕方がない。だからきちんとした方法でお金を稼ぎ増やし儲けて少しでも将来の暮らしに役立てたいと思い、数あるノウハウの中からこれはと思うものなどをメモしておくことにしました。

仮想通貨バブルに乗るのは今しかない

仮想通貨と聞くといかにも怪しい雰囲気がする。それが普通の日本人の感覚です。

なぜか?

 

世の中に詐欺がはびこっているからです。

特に儲け話は、殆どが詐欺同然でした。

f:id:titeki:20170508223849j:plain

 

写真を投稿

写真を投稿
フォトライフにアップロードされます。
今月のファイル利用量 0%
 
 

f:id:titeki:20170508223849j:plain

 
 
 
 
 
 
 
 

「仮想通貨」は別名「暗号通貨」ともいいます。

これの良いところは、世界中の人々との間で、インターネットさえ通じていれば、この「仮想通貨」を使って、取引できるというところです。

 

普通、世界の国々は、自分の国だけで流通する通貨を使って、モノやサービスを買ったり売ったりしています。したがって、外国の人との間でものの売買やサービスの遣り取りをするときには、わざわざ相手国の通貨に両替する必要があり、両国の通貨の価値の違いにより「為替」によって交換レートが様々で、そこには決して安くない手数料がかかります。

 

しかし、「仮想通貨」なら、なんお手続きも為替もなく手数料もなく瞬時に外国間でものを売買したりサービスをやり取りしたりできます。

 

現在ちょっとしたお金を外国に送るにしても、5000円も送金手数料がとられたり、外国から送金して貰う場合でも、日本の銀行で着金手数料が取られる場合もあります。

 

それらの手続きや手数料がなくなるだけでも、流通と金融の大革命ではありませんか。

 

これらのことを述べていると、いくらページが有っても足りないので、別途お話しますが、ようするにすごい時代がやってきているということだけ認識しておくことが必要です。

 


スポンサーリンク  


「携帯電話」が普及する前は、機能的にも無線機やハムの通話とあまり変わらず、不便さを感じたり、あるいは、携帯電話を持たされることによって「自分の居場所がバレる」とか「監視される」とかと言って随分警戒したものですが、今では誰もそんなことはいいません。すっかり国民生活に定着し、車がない生活と同じように携帯電話のない生活には耐えられなくなっているのです。

 

 

この携帯電話が普及する前の段階で、携帯電話を利用したビジネスシステムを構築した人は、今ではすごい資産家になっており、権利収入だけで毎月何十億円も入ってくるのです。

 

 

もし今、仮想通貨を使ったビジネスモデルを構築して、世の中に広めることができれば、近い将来莫大な利益を得ることができることは、明らかです。

 

 

今「仮想通貨」で最も有名で普及しているのは、ビットコインです。

ビットコインは、1BTCが23万円を超えてきました。

開発当初、0.01円程度のなったときにもし保有できた人は、1000円出して10万BTCを買っていた人は、今はなんと230億円の資産家になっているのです。

 

 

このところリップルという仮想通貨がものすごい値上がりで話題になっていますが、2017年3月のはじめには、1円以下だったものが、今では40円を超えています。

「仮想通貨バブル」に早めに気がついて、買った人は僅か3ヶ月で資産を40倍以上にすることができたのです。

 

 

その他の通貨も、上昇率の違いはあっても、総じて大きく値上がりしています。

「仮想通貨」はインターネット上のお金ですから実態がありません。

実態のないものに、価値がついてドンドン値上がりしているというのですから、仕組みをよく知らない国民にとっては、「怪しい」という先入観が消えません。

 

正に実態のないバブルです。

バブルのように泡となって消えるのでしょうか?

いえいえ、実は、世界の通貨の流通量6000兆円の内2000兆円は仮想通貨で占められることになると試算されているくらいすごいブームが起きるのです。

 

 

仮想通貨を開発して新たなビジネスを普及させようと、世界中の野心家が新事業をうたって新しい「仮想通貨」を購入することを、盛んに煽っていますが、真贋を見極めないと詐欺に引っかかります。

 

 

この「仮想通貨ブーム」に乗る方法は、大きく分けて2つあります。

一つは、主要な「仮想通貨」で今すでに十分な流通量「時価総額」がある、BTC,ETH、ETC、XRP、LTCなどを購入して、値上がりを待つ方法です。

2つは、公的な人、大手銀行や大企業、大事業家がメンバーに加わった「仮想通貨」を活用した必ず認められ流通普及が確実であると認められる新規事業への参入。

 

筆者は、この両方に投資(投機)し、密かに資産の増加を楽しんでいます。

 

スポンサーリンク