気になる情報と、お金を稼ぎ、儲けるためのメモ

人間というのは欲張りですね。欲があるから騙される。僕もつい簡単にアクセスが来るアフィリエイトの稼ぎ方があるからと誘われて、高額塾というものに入り大金を失った。失ったものはもう戻ってはこないし、悔しくて仕方がない。だからきちんとした方法でお金を稼ぎ増やし儲けて少しでも将来の暮らしに役立てたいと思い、数あるノウハウの中からこれはと思うものなどをメモしておくことにしました。

リネットジャパンとカイカは仮想通貨によるファイナンスサービスの実証実験を開始

報道によれば、カンボジアで自動車や農業に関する事業を展開しているリネットジャパングループ(3556)は、カンボジア国内におけるさらなる事業拡大のため、カンボジア国内及び海外向け送金・決済サービスを含めたブロックチェーン・仮想通貨技術を活用した実証実験を行うと発表しました。

 

 

やはり、東南アジアにおける仮想通貨を活用したフィンテック技術の展開は、急速に勢いを増しているようです。

 

 

リネットジャパンは、仮想通貨やブロックチェーン技術、AIを得意とし、金融業などのシステム開発に多くの実績を有するカイカ(2315)と連携し、新たな事業を開拓。 

 

東南アジアの現状をみれば、海外向け送金/決済サービスは、かなりの需要が見込め、将来有望と見られます。

 

 

株価は現在リネットジャパンが1050円と手頃であり、まだ動いていません。
狙うのは絶好ではないかと思います。

f:id:titeki:20170607001127j:plain

 

カイカは68円の株価であり、狙い目かもしれませんね。

f:id:titeki:20170607001144j:plain

-------------------------------------

スポンサーリンク  

-------------------------------------

 

リネットジャパン—カイカと共同でASEANにて仮想通貨、ブロックチェーン活用ファイナンスサービスの実証実験

https://zuuonline.com/archives/155581

 

リネットジャパングループ<3556>は6日、カイカ<2315>と共同で、カンボジアをはじめとしたASEANにおける仮想通貨及びブロックチェーン技術を活用したファイナンスサービスの実証実験を開始すると発表。

リネットジャパングループは、CSR活動の一環として2013年よりカンボジアにおいて、自動車や農業に関する取り組みを進めてきた。5月には、これまでの現地ネットワークや人材を活用して、フィンテックを駆使した金融事業の開始を発表しており、その第1弾としてIoT端末を活用したリース事業に取り組んでいる。

今回、さらにフィンテック関連ビジネスを戦略的注力領域に掲げ、仮想通貨やブロックチェーン技術、AIを得意とし、金融業などのシステム開発に多くの実績を有するカイカと連携し、カンボジア国内及び海外向け送金・決済サービスを含めたブロックチェーン・仮想通貨技術を活用した実証実験を行う。技術の応用性や親和性を検証し、事業拡大の可能性を確認するのが狙い。

フィンテック領域での事業拡大に向けて、好機を捉えて一挙に加速していく考えが伺える。