気になる情報と、お金を稼ぎ、儲けるためのメモ

人間というのは欲張りですね。欲があるから騙される。僕もつい簡単にアクセスが来るアフィリエイトの稼ぎ方があるからと誘われて、高額塾というものに入り大金を失った。失ったものはもう戻ってはこないし、悔しくて仕方がない。だからきちんとした方法でお金を稼ぎ増やし儲けて少しでも将来の暮らしに役立てたいと思い、数あるノウハウの中からこれはと思うものなどをメモしておくことにしました。

ビットコイン(仮想通貨)を売却したときにかかる税金は?

ビットコイン(仮想通貨)を売却したときにかかる税金は?

 

あなたは今ビットコインあるいは他の暗号通貨(仮想通貨)を持っていますか?

最近、ビットコインを始め多くの仮想通貨(暗号通貨)が、2倍~数倍に値上がりしています。

 

 

おそらく、あなたも税金のことが心配になってきたのではないでしょうか?

 

 

ここでは、簡単に仮想通貨に関する税金について、紹介しておきたいと思います。

ただ、現在は仮想通貨に関する税法上の整備が不十分のままですので、税務署も、税理士も確かなことを言えない状況でもあります。

 

 

ですから、すべて正しいという思い込みはやめていただいて、お話を聞いてください。

 

 

まず、あなたが、ビットコインを値上がりを期待して、コインチェックなどの仮想通貨取引所に口座を開設して、1ビットコインを買ったとします。

 

 

その時の値段は、1BTC(ビットコインのこと)100,000円だったとします。

今現在300,000円になったので、売って日本円に替えました。

 

 

ここまでの行為は、ビットコインという商品を仕入れて、ある日それを販売したことになり、もし、値上がり益がでていたら、それは「譲渡所得」になります。

 

 

また、大事なことは、譲渡所得がでた段階で申告しなければならないということです。

申告しなくてもバレないからとは思わないほうが良いです。

 

 

取引した経緯については、円やドルにしたときに取引所を通すことになるので、すべてバレバレですから、申告しないでいると、あとで、バレてしまったとき、ペナルティがかなり大きくなります。

 

 

例えば、会社の給料がビットコインで払われたりしますと、それは、給与所得になります。

ところが、日本円に換えないで、そのまま持っていたとして、いつの間にか大きく値上がりしたとします。

 

 

 

給料をもらったときには、10万円分だったビットコインが、日本円に替えたときに30万円になっていたら、10万円分は給与所得で、値上がり分の20万円は譲渡所得ということになるのでしょうか?それとも、30万円の給与所得になるのでしょうか?

 

 

このあたりもなかなか難しい問題のようです。

しかも、ビットコインを両替しないまま、年度をまたいでしまったときなど、所得の性質が変わってしまうなどはおかしな話です。

 

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

 


スポンサーリンク  


さて、同じ譲渡所得でも、短期譲渡所得と長期譲渡所得というのがあります。

これは、税額の計算が違うのです。

簡単にいえば、5年を超えて保有していたものを売った場合は、5年以内に売った場合の税金の半分ですむということです。

 

国税庁では「金地金の譲渡所得」について、次のように計算式を示しています。

 

(1) 所有期間 5年以内の場合

(2) 所有期間 5年超の場合

 

 

ビットコインを買ったら売らなければ一番

 

 

ビットコインを買って、いつまでも売らないでいると、税金はかかりません。

ビットコインは、不動産のように、不動産取得税だの固定資産税だのという資産としての税金の対象にはなっていません。

 

 

そうすると、円に両替するときに申告する必要がありますので、5年過ぎてから円に両替すると、譲渡所得は、半額ですみます。

 

 

ただ、5年を超えてビットコインを持っていても、必ず値上がりしているかどうかわからないので、途中で売ってしまうことになりかねません。

それはそれで、良い考えだと思いますが、現状では値上がりが続くような気がします。
ただ、ビットコインを超える新しい仮想通貨がでてきて、ビットコインの人気を奪ってしまう場合や、ビットコインの需要が増えすぎて、ハードフォークが開始されたときなどが、売るチャンスかもしれません。


スポンサーリンク  


日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin