騙されずに儲けるための仮想通貨の基礎知識

人間というのは欲張りですね。欲があるから騙される。私もつい簡単にアクセスが来るアフィリエイトの稼ぎ方があるからと誘われて、高額塾というものに入り大金を失った。そして今度は仮想通貨でせっかく儲けた大金を、情報不足から失った。このブログでは、偽情報を駆逐し、信頼できる情報を基礎から厳選して紹介し学びながら将来の幸せに役立てたいと思う。

BITCOINCASH出現か?BITCOINはどうなるか?

Bitcoincashという新しいコインが、8月1日21時20分中国発で出現する模様です。

 

この度8月1日のビットコイン分裂問題は、ビットコインブロックチェーン改善のため、既存のブロックチェーン台帳を引き続きコピーと追記を可能にしながら、若干のプログラム上の改善を加える、ソフトフォークと、過去の台帳とは決別し台帳を新たなルールで運用する方式、いわゆるハードフォークになるのかどうかが、最大の関心事です。

 

この分裂問題については、どうやら、中国でビットコインの31%ものハッシュパワーを持つbitmain社が、一定の譲歩をして、80%の合意を取り付けるなら、ソフトフォークの一種であるsegwit2xという方式を認めて良いこととなり、8月1日の混乱を回避することが出来そうな状況になっています。

 

ところが、中国のbitmain社は、従来から主張していたハードフォークの方式を採用したBitcoincashなるコインを実行すると言うことらしいのです。

bitmain社の公式発表はないので、Bitcoincashのホームページサイトから推測するしかないのですが、ほぼ確実です。

 

このコインの出現によって、ビットコインより決済速度が早くかつ中央集権的なコインということで、急速にその需要が伸びる可能性があります。

 

リップルなどは、リップル社が明確に管理しているコインであり、世界の銀行と提携することによって、信頼性を確保しており、Bitcoincashも同様の信頼性を狙ったものと見えます。

 

今後はBitcoincashという名前のとおり、Bitcoinとの比較において優位性を主張することとなることを考えると、非中央集権的コインであるビットコインがどこまで現在の人気を保てるのか、将来を見据えて対処する必要がありそうです。

 


スポンサーリンク