騙されずに儲けるための仮想通貨の基礎知識

人間というのは欲張りですね。欲があるから騙される。私もつい簡単にアクセスが来るアフィリエイトの稼ぎ方があるからと誘われて、高額塾というものに入り大金を失った。そして今度は仮想通貨でせっかく儲けた大金を、情報不足から失った。このブログでは、偽情報を駆逐し、信頼できる情報を基礎から厳選して紹介し学びながら将来の幸せに役立てたいと思う。

ビットコインアドレスとウォレットIDで混乱!

最近、幾つかのサイトに、ビットコインアドレスを登録するだけで、ビットコインやアルトコインが自動的に貰える仕組みが増えてきました。

 

ビットコインとかアルトコインとか聞いただけでよくわからないという方もおられるとは思いますが、要するに「仮想通貨」のことで、この通貨を保有していると、日本円に取り替えられるし、黙って持っているだけでいつの間にか、その仮想コインの価格が増えていくのですから、リスクがないなら持たない理由はありません。

 

持っているだけではリスクはありません、むしろ大きなメリットがあるだけです。

普通、ビットコインなど仮想通貨を手に入れるときは、日本円をビットコインに交換しなければなりませんので、お金がかかります。

でも、これらただで貰えるのですから、いいですね。

 

ただ、ビットコインアドレスを登録しなければなりません。

だから、ビットコインアドレスを持っていない人は、新たに作らなければなりません。

そのためには、仮想通貨用のウオレットを作らなければなりません。

 

このウオレットを作るには、仮想通貨取引所などで登録すると、作ってくれます。

このウォレットを作るときにIDとパスワードを登録しますが、これをウォレットIDと言います。

 

このウオレットと言うのは、自分の財布のようなもので、銀行で言えば、自分の口座番号みたいなものです。

 

ところが、このウオレットからビットコインを送金したり、受け取ったりするときは、ウォレットIDは使いません。これとは別に、自分のウォレットの中で、送金と受取用のビットコインアドレスを作成します。

 

このアドレスは、相手方に知らせても良い口座番号のようなものになります。

この口座番号(ビットコインアドレス)は、送金や受取のたびに毎回番号が変わってしまうことが多いので、覚えておいても仕方がありません。

 

取引所などで、自動で作成されますので、その都度相手方に教えてあげればよいだけになります。

 

取引所に登録するには、日本でも大手のコインチェック(coincheck)が良いと思います。銀行に口座を作るような感じで、運転免許証や写真などを提出するだけで、登録が可能になっています。

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

また、Blockchain.infoでも、簡単にウォレットを作ることが出来ます。

 


スポンサーリンク