気になる情報と、お金を稼ぎ、儲けるためのメモ

人間というのは欲張りですね。欲があるから騙される。僕もつい簡単にアクセスが来るアフィリエイトの稼ぎ方があるからと誘われて、高額塾というものに入り大金を失った。失ったものはもう戻ってはこないし、悔しくて仕方がない。だからきちんとした方法でお金を稼ぎ増やし儲けて少しでも将来の暮らしに役立てたいと思い、数あるノウハウの中からこれはと思うものなどをメモしておくことにしました。

ビットコイン大暴落は中国取引所BTCCの業務停止発表によるもの

ビットコイン大暴落

 

ビットコインが大暴落しています。

現在時点で、377,188円の安値を付けました。

まだまだ下げ止まりの気配はありません。

中国取引所の閉鎖については、すでに情報としては報道されており、今回取引所自らが業務停止を発表したにしては、過剰反応のような気がします。

 

これはおそらくBTCCについで他の取引所も業務停止の発表をしてくることを見込んで、予め売っておいて様子を見、価格が安定してから、再び購入しようという流れになってきているようです。

 

中国自体がビットコイン保有量が非常に多いために、中国からの売りで世界的に動揺が広がっているものと思われます。

 

更に下落か?

 

しかし、377,188円をつけたとは言っても、高値560,000円から見て32.6%の下げであり、5月25日の高値336,986円から7月16日の安値206,840円までの下落率は、38.62%と比較すると、もっと下げるかもしれないとの思いも重なっているようです。

 

仮に今回も38.62%下落するとすれば、343,728円となります。

逆に言えば、もう少しで下げ止まるだろうと考える人が多ければ、投げは少なくなるのが道理というものです。

 

どっちにしても、ビットコインの市場規模が8兆円程度のものでしかないので、日本で言えばソフトバンク程度のもの、たったひとつの企業規模と同じ程度なのです。

 

大きな資本やファンドなどの手が入れば、たちまち暴騰する(暴騰させる)ことも十分に考えられます。

 

どこかの有名人が「ビットコインは詐欺」といったと伝えられましたが、そんな話は1年前に淘汰された話です。

実際に日本においても20万店舗以上で使用できるほど、流通しているのです。

世界の国々では、日本よりも先に大きく広がっています。

 

ビットコインと仮想コイン(暗号通貨)の未来を確信した投資家は、この暴落した今が仕込みどきだとしてコツコツ安くなったコインを拾い集めています。

 

今が仕込みチャンス

 

ビットコインに限っても、来年あたりは60万円を超えてくると言われているのです。

 

そんなバーゲンセール状態になった今のビットコインを見逃す手はないのではないでしょうか?